CATEGORY Inazuma

痴女エロ漫画 淫語生音声3作セット

ボイス作品3作品セット! 一話無料!
——————————————–
『女子〇生 強●ハメ撮り音声記録』

濃厚で爛れたリアルな記録

待ち合わせ場所にいたのは、まぎれもない本物の女子〇生。
すらりとした生足に肉付きのいい太もも、制服の胸元は開いていながらふくよかなおっぱい…
日焼けした肌の健康的なエロを発散してる制服の美少女。

一目でメロメロになるものの、生意気な女子校生は終始おじさんを苛立たせ、怒らせる。
性欲の中で我慢を重ねていたおじさんは、ついにフェラで暴発して罵倒され、ついにブチ切れる。

荒れ狂う暴力的なおじさんの姿に生意気な女子〇生はうって変わって怯え媚び始める。
おじさんの乱暴なプレイを強●されそして撮影され……

39分
———————————————-
『メイドさんからお〇んぽお掃除してもらえるお店』
旧タイトル:『淫語フェラチオカフェ』

そこは一見普通の喫茶店。
しかし出迎えてくれた女の子は

「わたくしがチンポ係を務めさせていただきます」

と笑顔を見せる。

「おチンポをたっぷりお癒ししますので、好きなだけ私のお口にチンポを突っ込んでください」
「洗ってない生チ〇ポしゃぶれるから、この仕事についたんです」
「〇〇〇〇は女としての喜びなんです」

次々に繰り出される脳が痺れるような淫語。
ねっちょりぐちゅぐちゅとリアルな音が響く中でお掃除からくんくん、〇〇舐めなど変態メイドが繰り広げる世界に誘われる。

約21分

————————————————
『どエロ素人就職面接』
就職面接なのに「皆さんのチ●ポをしゃぶりたくて御社を志望しました」と語る女性。
痴●やレ●プにも興奮する性癖を明らかにして自らセクハラ要員になりたくて就職希望する子がいたら……

過激でアブノーマルな就活の世界にようこそ。

約10分

痴女エロ漫画 メイドさんからお〇んぽお掃除してもらえるお店

旧タイトル:『淫語フェラチオカフェ』

そこは一見普通の喫茶店。
しかし出迎えてくれた女の子は

「わたくしがチンポ係を務めさせていただきます」

と笑顔を見せる。

「おチンポをたっぷりお癒ししますので、好きなだけ私のお口にチンポを突っ込んでください」
「洗ってない生チ〇ポしゃぶれるから、この仕事についたんです」
「〇〇〇〇は女としての喜びなんです」

次々に繰り出される脳が痺れるような淫語。
ねっちょりぐちゅぐちゅとリアルな音が響く中でお掃除からくんくん、〇〇舐めなど変態メイドが繰り広げる世界に誘われる。

ボイス作品、約21分

痴女エロ漫画 密室エレベーターの中でおじさんに犯●れた女子〇生 他一編

『密室エレベーターの中でおじさんに犯●れた女子〇生』

旧タイトル:郊外マンション密室エレベーター レ〇プ地獄行き

うだるような暑さの中、果穂は自宅マンションに返ってきたが、エレベーターの中におじさんが乗り込んでくる。
学校の制服姿の果穂は汗で巨乳が透けて形が見えるほどになってる。

汗ばんだおじさんは密室の中でちらちらと果穂の身体を見つめてくる。
早く着いてほしい思う中でエレベーターが故障し、いやらしいおじさんと二人っきりに。

「熱中症になるといけない」と親切顔でおじさんは果穂に密着して世話を焼き始め……

誰も助けてくれる人間がいない閉鎖空間の中で、変態オジサンの毒牙にかかる美少女女子校生!
9000字以上

—————————————-
『保健室の隣のベッドで起きた先生と女生徒の百合な関係』

〇〇生の時、お腹が弱くてしょっちゅう保健室で寝ていた私。
保健担当の先生は、普通のイメージとは違ってクールでどこかそっけない感じの人で
どこか私はなじめないものを感じていた

ある時にいつものように寝てると、上級生らしき女の子が身体の不調を訴えていた。
「乳首が痛くて……」
その声を聴いてびっくり。学校一の美人で女子の後輩からも憧れられる存在の先輩。
保健の先生はいつになく優し気で気持ちのこもった声で検査をすると言って
私の寝ている隣の場所で先輩を裸にして……

念入りに不自然なまでの触診に先輩は微かに声を上げ始め……
思い出のドキドキ体験の話。
4000字以上

痴女エロ漫画 痴●でブラジャーをお土産に持って帰った話 他一編

『痴●でブラジャーをお土産に持って帰った話 他一編』

その子は確かにいた。いつもの車両、いつもの場所に。
黒髪で目が大きくクリッとしている。
特におとなしそうというわけでもずば抜けてる美貌までもいかない。
でもクラスの男子は彼女のことが気になるだろう。

なぜなら制服の前を大きく張らせてる膨らみはDカップを超えている。
中肉中背で可愛い普通っぽい少女。

こういう子は案外騒がない。俺の経験が告げていた。
満員の電車の中でさりげなく密着し、足をくっつけて手の甲で腕を触る。
無警戒の女〇高生はまるで気にしてない。

この後自分が地獄を味わうとは知らずに――
俺はただの痴●ではない。ポケットにある小型の断ちばさみ。

触りまくるだけじゃ満足しない。
女子校生の生の下着、本物の素材――
汗と匂いが染みたブラジャーをコレクションするのが趣味なのだ。

普通の女子〇生が遭遇した常軌を逸した凶悪な痴●記録。

約7000字

———————————————
『一緒の布団に入りながらヘタれて失敗したセックス体験』

サッカー部だった自分の〇生時代のセックスの失敗体験談。
彼女もスポーツ馬鹿でテニスに打ち込んでいて脂肪のないスタイルのいい身体で校内で五本の指に入るぐらいの美人。

童貞だった俺は手をつなぐだけ、キスするだけでも興奮してオナニーできるレベルだった。
しかし受験になってくるとお互いに忙しくお互いに深い関係になる前に交際解消に。

そんなある日彼女が数学を教わりたいということで俺の部屋にやってきて……

ドキドキの童貞が性欲と緊張のさなかでやってしまった失態。

約4000字以上