CATEGORY EVOLMENT TYCOON

痴女エロ漫画 小さくなったご主人様と!!【一〇瀬アスナ×先生本】

──じゃあなンすか、大型犬キャラでおね●●●はできないって事スか

Abstruct
一之瀬ア●ナ学において、彼女は衝動的大型犬キャラというのは近年、学会での通説とされている。

また、それにより所謂「お姉ちゃんとえっちしようね」「白いおしっこ出そうだよ」等といった、
理性があり倫理観に欠けているお姉ちゃん主導での甘々生こーびは厳しいという見解が大多数を占めている。
余談ではあるが、後者のセリフに関しては「精通前なのに何故そのような事を知っているのだ」という糾弾の声も一部からは挙がっているとのこと。
第三者機関による調査の続報が待たれる。

話を本筋に戻すが、中には「へー、おたくクンこういうの好きなんだ」学派の学徒も存在している。
しかしながら、本編での振る舞いに則った上での甘々えっち展開が困難を極めるという事はどの学派に属していても共通認識であった。

それを踏まえ、今回弊学ではコペルニクス的展開による甘々生こーびの実現を試みた。

Data and Methods
第一に、対象人物は衝動的な行動・言動を行うケースが稀に確認され、場合によっては自身もその衝動性を認識していない場合がありうる。
また、先行事例において(偶発的な原因とはいえ)先生に対して押し倒す行動をとった実績がある。
今回弊学はこの後者の部分に焦点を当て、先行事例のリフレインを起点とし衝動的な行動を誘発した。

前提として、成人男性を想定している先生の場合、身体能力面で優位性を持つ。
そのため対象が先生に対し優位を取る事は困難であったが、先生側を小さくすることで身体面における相対的な優位性を実現した。

サンプルとして配布した資料(50.1MB)には記載を断念したが、
本誌では先生への密着の際生じた感情と陰核への刺激による性的興奮が同一の物であるという誤認を対象に引き起こさせる事が第一のトリガーとなる。

これによる対象への影響・行動については本誌参照とする。