CATEGORY ヤリチン・プレイボーイ

痴女エロ漫画 一夜限りの快楽 海辺の小屋で大乱交

僕は平屋の小屋の中で女性たちと一夜限りの天国を味わい尽くした。
だけどこうして今、一人で歩道橋を渡り見上げる月の下で、あんまりその一時のことを覚えていないことを自覚する。

夢のようだった。

俺は缶コーヒーを片手に今からスーパーに買い物へ行くだけ。その後は友達と会って一緒に飲みに行く。

俺はさわやかに生きたかったのが本心なのかもしれない。

かもと推定的に言うのは、やはり人間は弱い生き物だから今後も自分の欲に目がくらむことも断定してないとは言い切れないからだ。だけど、もう普通に生きていきたいのだ。

あの一夜は一生分の快楽だった。
一夜にして一生分のセックスの快楽を味わったのだ。
皆で。

あのひとときは、快楽の地獄のようだったのかもしれないが、俺からすれば人間の弱さだと思う。

皆、流れ流れてあの場所に行き着いた。

平屋の小屋の前には少し不気味な石像が石筒の上にまるで学校の校門のように置かれていた。
その小屋は海岸近くにあった。

皆、人生の辛酸苦汁をなめた者同士であった。

エッチな小説。

約2000字。

11ページ。

痴女エロ漫画 ヤリチン野郎しか知らない牝の顔

大女優を目指す清楚系アイドルの「愛宕 雪菜」に告白され付き合う事となった彼氏の「智哉」

そんな付き合いたての二人だがアイドルに恋愛はご法度…なわけだが
若い男女にはそんなの関係なく隠れてイチャイチャする二人。

ある日、学内の中でキスをしている所を先輩の「光牙」に見られてしまう。
それをスマホに撮られ脅される雪菜だがそんな脅しに屈しないと要求を跳ね除けるが、
ならばと光牙はある条件を突きつける。

それは彼氏である智哉に仕事を斡旋すると言う事だった。

智哉は●●時代に大ブレイクしたものの現在は鳴かず飛ばずの端役ばっかり…
彼女達の通う学園は芸能関係の仕事に強いが、通い続けるためには実績を残す事が全てであり
智哉はこのままだと退学の危機に…

彼氏の演技が大好きな雪菜は彼と一緒に居る為に、
強力なコネを持つ光牙の条件をのみ身体を差し出すのだった。

彼氏と全く違う逞しい圧倒的なオスに身体の隅々まで蹂躙される雪菜…
嫌がりながらも男を惹きつける魅惑的な身体はそれに反しオスを受け入れ感じていく。
それも全ては彼の為だと言い訳をしつつ、身体は穢され彼女の日常と想いは砕け散っていくのだった…

痴女エロ漫画 真面目で唯一の理解者だった委員長がひと夏の間で学校1のクズに堕とされちゃう話

昔から目つきの悪い顔のせいで周囲に誤解を与えてきたオレ

不良のレッテルを張られ、喧嘩や争いに巻き込まれ、色々なことを諦めていた日々

同じクラスで風紀委員長の東雲律(しののめ りつ)は、唯一オレを見た目じゃなく中身で判断してくれた

その信頼に報いるため、更生を目指し日々風紀委員で律と共に活動していた

そんなある日

オレが友人以上の想いを抱えていることを律に伝えた…その直後

校内1のクズ、ヤリチンと名高い佐久間ソウジにオレは不用意にもケガをさせてしまった

ただでさえ周囲から好かれていないオレ

一方で上手く表と裏で顔を使い分けているずる賢い優等生の佐久間

ケガを負わせた責任で退学となるか…と、そんなとき

「悪いのはすべて僕です」

オレの罪を庇ってしまった律

それがすべての始まりだった……

基本CC17枚 全160P

顔も力も財力も
すべてにおいて敵わない嫌な最低野郎に、大切な人が変えられていくCG集

NTRが好きな人、男の娘・メス男子が好きな人
両方が好きでも片方が好きでも楽しめる作品になるよう作りました。

手に取っていただければ嬉しいです。

痴女エロ漫画 友人のママとセックス 友人が「やりたい」と話す母に男を紹介すると約束して・・・

だけどヒロトの一言ときたら・・・・・。

「おまえ、女に不自由してんだろ?金ないみたいだし風俗も呼べないじゃん??」

「きゅ、急にどうした!!?」

その後ヒロトが言った言葉に一瞬俺は耳を疑った。

「うちのママが、若い子とやりたいって言ってたんだ」

背徳感丸出しの言葉。ヒロトだってそんな会話ママとしたことはなかったのだと言うが、

テレビドラマでちょっとエッチなシーンがあった時に、

「ヒロト、あなたはそっちの方どうなのよ?」

ヒロトのママのその一言から話がそっちの方向に広がっていき、挙句の果て?というか最終着地地点がその言葉だったとのことだ。

熟女だってやりたいらしいぜ・・・・。

もう閉経も終わっているらしいんだけど。

エッチな小説。

約2100字。

13ページ。

痴女エロ漫画 【無料】裸のピチピチ女性たちが乗る列車 もっこり競泳水着の男性たちは勃起させ・・・・・

駅のホームまで行くと・・・・。

1人の男性がヒサシの方を振り向く・・・・・。

彼は競泳水着を着ていた。

「寒くないんですか??」

不思議そうにヒサシが聞くと、彼は赤々とオレンジの蛍光灯が室内を照らしている待合室を指さした。

「今、着替えたとこだよ」

ヒサシが待合室を見ると、そこでは3人の男性がジーパンを脱いでいた。

ジーパンの下には揃って皆、競泳水着を穿いている。

「あと数分で列車が来るんだ。特別列車さ」

券売機の真上にある時刻表を少し目の悪いヒサシは目を細めて再確認してみた。

ヒサシの乗ろうとしている列車はあと15分ほどで来る。

「意味ないよ?次の列車は時刻表とかには乗っていないから」

エッチな小説。

約1100字。

8ページ。